今日から始める読書!忙しいママのリフレッシュにおすすめ

リフレッシュ法

どうも、おちぃです。

今年もやってきました夏休み!いかがお過ごしでしょうか?

子どもは毎日はっちゃけていますが、母のライフゲージは朝から空っぽです…

自分のスケジュール通りに物事が運ばないとイライラしませんか?

”心身共に疲れた時のリフレッシュ方法を増やしたい…時と場所を選ばないやつで”

わたしは試行錯誤の末3つ定着してきました♪

  1. 読書
  2. 音楽鑑賞
  3. ハーブ栽培

その中でも読書は一番効果があり、人生が豊かになったなぁと実感しています。

”文章読むのが苦手” ”時間がない” ”どの本を選べばいいかわからない”

わたしも実は、読書習慣のない人間でしたが、ゆるーく1年ほど継続しています。

あなたも気負わずに今日からはじめてみませんか!?

読書のメリット

心身のデトックス

毎日の生活は情報にあふれています。

情報の取捨選択をする間もなく、次々に刺激にさらされている状態です。

また便利になった反面、無意識のうちに選択を迫られる機会が多くなりました。

朝つけるテレビの音量、炊飯器のタイマーのセット、通勤の際に乗る車両…

知らず知らずのうちに、心身に疲労が蓄積しているんですよね。

読書の時間は、本とわたしだけの二人だけの世界

短い時間でも集中すると頭がさえて心も落ち着いてくるんですよ~!

本の世界へのショートトリップで、あなたも心身が軽くなるはずですよ。

思考力・洞察力・・・生きるちからが高まる

読書がわたしたちにもたらすもの。

誰かの気持ちを想像する力、一つの物事を多方面から考え抜く力、限られた食材で夕食のメニューが5品も出来る力…

どれも種類は違えど、自分の生きる力が高まります。

RPGで例えるなら、経験値を本から拝借して手早くレベルアップする感じ!

読書を楽しむポイント 

本がたくさん並ぶ場所に行く

キンドルなどの電子書籍も普及していますが、まずは本がたくさん集まる場所に足を向けてみましょう。

ジャンル・カテゴリー分けが可視化されているので、電子書籍より本の比較がしやすいです。

本屋・古本屋・図書館…あなたが訪れやすい場所で構いません。

行きつけの場所が出来ると、本の選ぶコツもだんだん要領を得てきますよ。

興味のあるジャンルの本を選ぶ

最初の一冊は”読めそうな本”を選びましょう。

好きなドラマのシナリオ本、お気に入りの評論家のエッセイなど、とっかかりやすいものでOK

旅行が趣味なら異国のレシピ本、季節の花が好きだから俳句の本…と自分の趣味からジャンルを発展させていくのも面白いですよ。

高いハードルは設定しない

大切なのは”できた”の積み重ねです。

ストレスが溜まる物事は長続きしませんから、気持ちのおもむくままに読むことをおすすめします。

”最後まで読み切る” ”週10冊読む” ”一日30分読む”

やりがちですが、つまらない本なら読むのをやめてもいいし、時間をかけて読んだってよいのです。

目標がモチベーションにつながるのであれば良いのですが、読書の足かせになるのであればやめておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

時間も余裕もなくクタクタな毎日には、こころの拠り所がいくつかあると安心ですよね。

まずははじめの一歩を踏み出してみましょう~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました